法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
 京都大学の学生です。京都に来ていただきありがとうございます。ちょっとだけ喋らせてください。
 逮捕された学生、6人の学生と議論をしてストライキが行われるというときに、私はストライキを支持しませんでした。
 「このやり方でやるのはおかしい」と議論しました。今そのストライキが正しいかどうか様々な議論があります。どういう意義があったかとか、どういう意味があったかとか、いろいろ議論はあると思います。
 だからこそ6人の学生が不当に逮捕されたことを絶対に許すことができません。これから一緒に議論をしていく仲間だった。これから一緒に社会を変えていく仲間だった。
 こんなあり方に対して一緒に議論していく仲間だった。大事な大事な仲間です。それを京大当局が刑事告訴して、学生と話しをすることもなく一方的に告訴して、警察が勝手に連れて行ってしまう。これを絶対に許せません。
 だから街頭で署名活動をしたり、ビラを配ったり、教授に京大の刑事告訴はどうなんだと言って回っています。京大の教授のなかには「大学が学生を告訴するのは絶対におかしい」と言っています。
 私の大学の中からも、外からも京大当局のやっていることがいかにおかしいかをもっと議論していって行きたいと思っています。ありがとうございます。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :