忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



私たちは最も危険な団体です!
 私たちは、2006年3・14法大弾圧事件によって不当逮捕され、その後退学や停学の処分を受けました。この2年間で法大で逮捕された学生はのべ45人。起訴され、裁判をたたかう仲間が3人。少年鑑別所送りが1人。
 私たちのために雇われた専門のガードマンが10人以上毎日朝から深夜まで入り口をふさぎ、キャンパスの門は半数が常時閉鎖。集会・デモの日には正門だけ開いて学生証チェック。法大当局が110番通報すれば、200人の公安警察が2分でやってきます。学内に設置された監視カメラは数知れず、昼休みには名指しの「退去勧告放送」がキャンパス全体に流れます。



 こんな大学、全国でここだけだ! なんでこんなことをやっているのか?
 今法大では、「大学改革」の名のもととんでもない大学運営がなされています。理事会は、総長選挙の廃止をもくろみ、独裁的な大学運営をねらってきた一方で、学生に対しては、上にみた逮捕・処分の乱発に加えて学祭やサークル活動の規制に躍起になっています。
 法大でのがんじがらめの現実は、労働者ががんじがらめにされている現実と一つの問題。私学資本としての法政大学は、学生や労働者の反乱を死ぬほど恐れ、在学中も卒業後も、学生を奴隷の鎖にどこまでも縛り付けようというのです。そんな監獄のような大学のあり方と正面からぶつかって、ぶち破ってきたのが私たちの2年に及ぶ存在とたたかいです。これだけ弾圧に物量を投じても、たたかいをつぶすことはできなかったどころか、どんどん団結が拡大してきた!
 「危険」?「過激」?上等上等! こんな世の中はおかしい、ひっくり返して労働者の団結で動かそうと私たちは言ってるんです。過激で当たり前じゃないですか。
 世界金融恐慌がすでに始まっています。資本主義が歴史的生命力を失い、革命情勢がやってきた! 
 胸躍る歴史の変革期。この激動の時代に「革命の学校」・法大で、過激に生きていこう!

処分、弾圧はねかえして団結してきた!
6人のアピール


内海佑一(退学処分・文学部)
 法大でのべ45人逮捕! 退学処分! ガードマンが実力排除! 団結を強化するための糧でしかありません。一人一人がバラバラにされるどころか、堅く手を結んで「絶対に裏切らない」という関係をつくってきました。ぼくらの団結は、6人の間だけにとどまるものではありません。すべての法大生、全国の、全世界の学生・労働者とつながっています。

友部博文(退学処分・法学部)
 新入生のみなさん、早稲田に落ちて法政大学入学おめでとう。
 私が小学校に入った頃、ベルリンの壁が破壊され、ソ連が解体するなどの事件があった。世間は資本主義の勝利を宣言し、学校では全体主義が否定され、多様な考え方があり、それをお互い認め合うことがすばらしいと教育されてきた。はずなんですが、私はこのつまらない資本主義社会が嫌いになり、社会は異なる考えに非寛容になってきている。法政大学もうちらへの処分、弾圧と同時並行で、革命的と言っていいくらい、自由や自治が奪われ、破壊されてきた。こんな大学にしてしまい、先輩として申し訳ない気持ちでいっぱいです。これを読んだみんな、法政大学を面白くするために共闘しよう。うちらだって別に一つの思想で統一なんかされてないけど、一緒にたたかっています。

中島宏明(退学処分・文学部)
 この2年、キャンパスの雰囲気はがらりと変わりました。かつてなら「大学人」として、とても恥ずかしくてできなかったことを、堂々と教職員がやっている。
 で、われわれが求めているのは、「昔の法政に戻してくれ」ということじゃないんです。彼らは法大の資本としての生き残りのためならばと、なりふり構わずやってきている。ならば、そんなもはや大学たりえない法大のあり方はぜんぶぶっ壊して、新しい法大に学生がつくりかえてやる、ということです。
 キャンパス暴力支配のもとで学生は分断され、「無力な存在」におとしめられてきた。それらをすべてひっくり返し、全世界を獲得しよう、ということです。

内山佳久(退学処分・文学部)
 私は、3・14法大弾圧で逮捕され、立て看板・ビラまき規制に抗議したために退学処分になりました。不当逮捕や退学処分に対して多くの仲間がともに闘いにたちあがり、仲間との団結を強化・拡大し、ついに平林独裁体制を打倒しました。
 平林だけではありません。帝国主義は、世界金融大恐慌に恐怖し、労働者階級に打倒される寸前です。世界は革命情勢。全世界で労働者階級が闘いにたちあがっています。私たち法大生の怒りは全世界の労働者階級の怒りとつながっています。
 新入生のみなさん! 法大でストライキをやって法大を法大生の手に取り戻そう。全世界の労働者階級と団結して、帝国主義を打倒して世界革命に勝利しよう!

久木野和也(無期停学処分・法学部)
 新入生のみなさん! 私は、2年にわたって法政大学の処分と闘ってきました。私たちの闘いによって、大学の不正や悪行が暴かれてきました。不当きわまる弾圧に手を染める大学に対し、学生は怒って当然、学生やって当然なのです。こんな法政に入学したみなさんはラッキーです。「平穏」なキャンパスじゃつまらない! ぜひいっしょに闘いましょう!

新井拓(4・27弾圧被告・法学部)
 門には警備員がいて、一歩大学に入れば教職員が襲いかかってくる。しかし、こんなやつらに絶対負けないというのが誇りです。どんな不当な扱いをされても負けないということが、ぼくが人間であり学生であるということの誇りです。
 社会に出て就職しても、解雇という恫喝で労働者が不安定な状態におかれている。この法大の状況と社会の状況はまったく同じなんです。しかし、これに対して絶対に屈しないという学生がここにいるし、法大にはいっぱいいるし、全世界で「俺たちは奴隷じゃない」という闘いが巻き起こってます。
 米軍基地の中でストライキが起きています。戦争をやらなくては生きていけない日本やアメリカという帝国主義が、基地さえ維持できない状態になっている。福田政権もブッシュもぼろぼろなんです。今立ち上がったらこの法政大学も、資本主義社会も、俺たちを奴隷のように扱おうとしてきたやつらを全部ぶっ飛ばせるんです。(昨年12月出獄直後のアピール)

PR
2006年のたたかい/3月14日
すべてはここから始まった!

●3・14弾圧=「みせしめ」としての白昼逮捕
 06年2月末、法大当局は突然「ビラ・立て看板規制」を発表。これまで学生が自主的に行ってきた表現活動を一方的に禁圧するものでした。
 学生と一切話もせず勝手に規制を押しつけることは認められない! 私たちは規制の施行日である3月14日にキャンパス集会と周辺のデモを行いました。30分後、キャンパスに戻ると、出発時にはいなかった数十人の教職員が待ちかまえ、私たちが中に戻ってくるのを見計らって「この看板を撤去する」と宣言。2分後に(!)正門から200人の私服警官が突入! そしてその場にいた29人全員が逮捕! 一部始終をフジテレビがデモの出発時から撮影していて、夕方のニュースで流しました。「建造物侵入・威力業務妨害」だなどというのです!はぁ?
 法大当局の狙いは、「大学の業務が妨害された」とでっち上げて、全員逮捕することでした。まさに法大当局と公安警察がしくんだ権力犯罪だったのです。
 そして「大学の方針」を有無をいわさず学生に押しつける支配体制を確立することをねらっていたのです。
 彼らは、どんなにデタラメなやり方だろうと、私たちを逮捕し、キャンパスから排除してしまえば、思い通りになると踏んでいました。
 しかし、だれも屈服しなかった! 12日の獄中闘争を経てキャンパスに戻り、ありとあらゆる弾圧を引き出し、これをぶっとばすたたかいを開始したのです。
 2006年3月14日という日は、私たちにとっては、キャンパス暴力支配を覆して大学を学生の手に取り戻す革命の始まりであり、法大当局にとっては「こんなはずではなかった」という「悪夢」の始まりだったのです。

2006年4月~5月
見せしめの処分には屈しないぞ!

●キャンパスに凱旋!
 私たちは、一人も屈服せずにキャンパスに戻ってきました。権力犯罪が暴かれることを恐れた法大当局は、学則にもない「自宅謹慎」を命じるなどしましたが、そんなことでは屈服しない!
 4月には再びデモを打ち抜き、「立て看板規制」と処分策動を許さない声をあげました。
 5月連休あけ、当局は「規則」にしたがってキャンパスの立て看板の撤去を強行。一方、教授会では処分にむけた審議も始められます。
 5月18日付で内海、内山、中島の文学部生3人に「退学処分」。翌日には安東学生部長らが「君らはすでに学外者だ。正午までに荷物をまとめてでていけ」と宣戦布告。昼休みには強制排除しようとするが、300人の学生が取り囲んで阻止!
 さらに友部君は「不当な退学処分を許さない」とキャンパスで120時間に及ぶハンストに立ち上がりました。
 その後、7月には法学部でも久木野君と友部君にそれぞれ1年と半年の停学処分を決定。
 「処分」で闘いは圧殺されるどころか、キャンパスの怒りにどんどん火がついていったのです。

2006年5~6月
団結の力で反撃を叩きつけた!

 退学処分後、私たちを排除するためだけにガードマンが雇われ、連日安東学生部長らの叩きだし策動と正面から激突! 正門前での支援のビラまきなどに対しても連日教職員が動員され「やめろ」などといってきました。すべての門には退学処分者3人の名前を書いた「入構禁止看板」も出されます。
 そして、5月26日の第2波法大包囲デモでは、キャンパスで逆に安藤学生部長を学生数百人で包囲!(写真中)。人が見ている前では逮捕や処分について口をつぐんで明らかにできない安東に「クビ」を宣告!(写真上段)
 さらに、6月15日には、デモ当日に門を封鎖して全員に「学生証チェック」を強行。拒否した学生の首を絞めるなどしました。さらに、この日早朝、集会破壊のために中島君ら3人を逮捕! しかし姑息な弾圧など、ものともせずに集会をやりぬき、昼休みにはキャンパスに1000人が集まった!(写真下)
 焦った法大当局は、6月19日に退学処分の文学部生3人と、処分審議中の法学部生久木野君を逮捕。公安警察は法学部生に「逮捕されたからお前も退学だ」と露骨に当局との一体ぶりを暴露。
 しかし、4人とも即座に奪還! 「ここまでやればイヤになってあきらめるだろう」とのもくろみは、実に3度にわたって破綻するのです。

2006年9月~2007年3月
平林総長の暴力支配は破産!

●暴力ガードマンにも屈せず
 後期になると「東京警備保障」のガードマンが導入され、手足をつかんでの暴力的に排除に手を染めます。さらに、ビデオを構えた正体不明の男(通称:ルンゲ)も登場。キャンパスの出入り口は半分が封鎖され、門にはガードマンが構える異様なキャンパスになります。
 処分撤回を求めるクラス決議は59クラスからあがり、学生部への公開質問状への連記が広がり、提出行動などが行われます。質問状回答期限の10月20日には、学生部が全員逃亡! キャンパス集会でストライキを宣言しました。
 そんななか、11月29日には「ルンゲ」に怪我を負わせたなるデッチあげで学友が3人逮捕。12月15日にミュージシャンらを招いて集会を開き、奪還。
 一方このころ、法政一高の跡地売却をめぐってゼネコンとの癒着が暴かれ、地元住民が抗議に立ち上がるなど、法大の平林総長のでたらめな大学運営は、至る所で破綻を示し始めます。
 1月、久木野君に「無期停学」、友部君には6ヶ月の停学期間があけた時期を見計らって別件で「退学」処分。
 しかし、もはやどんなことをしてもたたかいを鎮めることなどできない!
 3月14日には「法大弾圧1ヶ年デモ」を打ち抜き、07年のたたかいへの突入を宣言しました!

07年・法大生の闘い
不当な弾圧と闘い抜き、団結を圧倒的に拡大!

①二つの弾圧に対する裁判闘争
 私たち法政大生は二つの裁判闘争を闘っています。これは昨年、法政大当局と国家権力が結託して行った二つの不当きわまりない弾圧によるものです。
 一つは昨年4月27日、法政大教職員が退学・停学被処分者たちをキャンパスから暴力的に排除したことに抗議した新井君、友部君に対して「暴行事件」をでっち上げて警察に不当逮捕、起訴させた事件。
 そしてもう一つは、法大の教室でビラを配布し、「こんな社会を変えよう」「学生は団結しよう」と11月労働者総決起集会への参加を訴え、学生と討論していた内田君ら3人の学生を「建造物侵入」として逮捕し、内田君を起訴した事件です。内田君は昨年10月17日に逮捕されて以来、5ヶ月半に渡って不当に勾留され、現在東京拘置所に勾留されています。新井君、友部君には7ヶ月の不当な勾留が行われましたが、昨年11月に保釈を勝ちとりました。前者の裁判では14回、後者の裁判は3回の公判を闘ってきました。
 私たちはこれらの裁判闘争で法大当局や国家権力を圧倒し、勝利しきっています。それは一つに、法大当局のあまりのメチャクチャさを暴ききったことです。法大当局は一昨年の3・14法大弾圧以来、恒常的に警察権力と連絡を取り合い、学生に対する弾圧、監視を結託して行っています。安東学生部長は自らの証言で「(3・14法大弾圧で)200人の警察官がキャンパスに突入してきたとしても不自然なことではない」「集会やデモのたびに大学として『何とかしてほしい』と要請していた」と警察との結託を自慢さえしています。
 さらに、結局法大当局は自分が気に入らない学生やサークルは弾圧、処分の対象になって当然だ、ぐらいに思っているということです。「大学としてふさわしくない」とか「被処分者と話している」というメチャクチャな理由で、学生を手当たり次第に弾圧する、監視・盗撮する。こんなものは大学ではなく監獄だ!
 さらに内田君の裁判です。検察官の起訴状によれば、「中核派が賛同する平成19年11月4日開催の『全国労働者総決起集会』への参加を呼びかけるため」に法大の教室に入ったことが「建造物侵入」だというのです。法大当局・国家権力が、労働者・学生の団結や革命の訴えをどんなに恐れているかがわかります。現代が革命の時代であることを証明するような事件です。
 二つに、これらの事実が明らかになっていくことを通して学生の怒りと団結がどんどん強くなっていることです。公判では被告と傍聴の学生が一体となって怒りを爆発させ、「被害者証人」として法廷に出てくる法大の教職員(安東や近藤、猪脇、百瀬など)や公安警察を徹底的に追及しています。「退廷」処分など上等。裁判所では「地裁一荒れる裁判」として恐れられています。法大当局は学生に傍聴させないため、アルバイトを雇って傍聴席を確保しているという姑息さ。
 ぜひ裁判の傍聴に来てほしい。大学も、警察も、裁判所も本当にちっぽけな存在だということがわかります。特に24日には文学部教授で前学生部長の安東祐希が「証人」として出廷します(裏表紙参照)。「大学教授」というのがどんな人間なのか、見てやろう。
法大の闘いは世界とつながっている!

●法政の現実は、「生きさせろ!」と叫ぶ青年労働者の現実と一つ

 国連大学の調査によると、世界のわずか1%の超富裕層が世界の富の99%を所有し、99%の人が世界の富の1%を分け合っているといいます(『毎日新聞』06年11月24日)。
 資本家の資本家による資本家のための社会-誰が何と言おうと、これが私たちの生きている現代社会なのです。年収200万円以下の労働者は、1千万人以上いるという。これは、日本の資本家階級が、バブル崩壊後の不況をうけて95年日経連プロジェクト報告で、これまでの終身雇用制、年功序列賃金を解体し、日本の労働力を3つの形態に分けると打ち出しました。①長期蓄積能力活用型=正社員、②高度専門能力活用型=高度のスキルをもった派遣社員、③雇用柔軟型=非正規雇用、の3つにわけ、③の雇用柔軟型=非正規雇用形態の労働力を9割にするというものです。以後、日経連報告以来の10年間の資本攻勢と小泉首相が「構造改革」を押し進める中で、格差や貧困が激化してきたなかで起きている現実です。派遣法が改悪され、現在ほぼすべての職種に派遣やパート、アルバイトに置き換えられ、日本の労働総人口の半分が非正規雇用にされています。とりわけ、青年労働者には矛盾が集中し、働いても給料は上がらず、生存ギリギリで働かされ、ネットカフェに寝泊まりしなければならない労働者まで生み出されています。
 一方、グッドウィルだけではなく、トヨタやキヤノンといった日本の大企業も偽装請負や違法派遣などを使って青年労働者を低賃金で働かせ、ボロ儲けしているのです。
 「生きさせろ!」これが社会の実感だということです。労働者を食わせていけないほど、この社会は終わっています。
 この現実と法政大学の現実はひとつのものだということです。

●団結破壊のための大学

 大学は、率先して資本家と一体化し、労働者を支配していく役割を果たそうとしています。「9割が非正規」という現実の中では、もはや大学など必要ありません。だからこそ、大学どうしも競争原理の中に組み敷き再編・淘汰させ、学生も競争・分断の中に叩き込み、労働者を支配していく機関に位置づけようとしているのです。日経連報告の「長期蓄積能力活用型」「高度専門能力活用型」に対応した労働力の人材育成として位置づけられ、「資格をとれ」「公務員になれ」と、大学の価値を上げるための商品と位置づけれます。大学を卒業しても、「成果賃金」の名の下に、過労死寸前まで働かされ、「自己責任」の名の下に、低賃金を強制される。このイデオロギーは、教育によって成り立っています。高校や大学受験を通して、学生を「偏差値」で序列化し、人が人をけ落としていくイデオロギーを植え付ける―これが、労働者を支配していくイデオロギーそのものです。
 「学問の自由」「大学の自治」などというのは、過去の話。大学が大学として成り立ってきたのは、日本が高度成長期であった戦後がほんの数十年の間成り立っていたにすぎません。
 今起きているのは、こういった戦後的な大学のあり方が、戦後憲法体型の中でつくられていった大学のあり方が、全部ぶっ飛ばされたということです。

●闘っているからこそ弾圧がくる

 この資本主義社会を続けさせていくために、資本家はさらに労働者への搾取を維持し、さらに強めていくために、何でもやる。それが、新自由主義です。学校も含めて公的機関は全部民営化し、資本家階級の私有財産に。労働組合やサークルをはじめ社会的連帯をすべて破壊。そして、国を維持するために、国家のあり方すべてを変えてしまおうというものです。06年には、教育の憲法というべき教育基本法が改悪され、「国民」のための教育から国家や資本のための教育への大転換がはかられました。07年には改憲のための「国民投票法」が成立。憲法第9条を全面的に解体し、戦争できる国家へ転換するための改憲への法案が成立させられたのです。
 「世界恐慌」――この言葉が現実のものになっています。サブプライムローンの破綻とともに世界経済が崩壊に向かって進んでいます。世界経済の信用は収縮し、世界経済の中心であるアメリカの証券会社や銀行は倒産寸前です。FRBや世界のエコノミストたちが、世界経済を救おうと躍起になって、金利操作や資金投入をやっているものの、全く無意味です。行き先のなくなったマネーは、石油や金、食物の高騰となってあらわれ、株安、とりわけドル安が果てしない勢いで進んでいます。
 新入生が大学にいるうちに、世界経済が崩壊します。資本主義が資本主義であるかぎり、この「恐慌」の矛盾を前に逃れることはできません。
 もはや先がない資本主義社会だからこそ、より凶暴化し、労働者学生に牙をむいて襲いかかってきているのです。だからこそ、社会に対し団結を訴えているものに対して弾圧をしてくる。法政大学では、いかに平穏なビラ撒きや抗議であっても、すぐに警察を呼びこみ逮捕。自衛隊官舎に反戦ビラを撒いただけで「建造物侵入」で逮捕・起訴。この3月には、反戦デモをやった6人が、「公務執行妨害」で逮捕。資本主義社会が終わりを迎えているからこそ、こんな無茶苦茶な弾圧が起きているのです。
 社会に対して、ストライキで闘おうとする労働者・学生に対する弾圧です。だからこそ、資本家の最も打撃になることをやるべきだ!

●時代の基調はストライキだ!

 世界の労働者はストライキで闘っています。ストライキは、最後の手段ではない。労働者の怒りは「ストライキで資本家に一泡ふかせてやろう!」という怒りです。

○全駐労がストライキ!

 基地労働者の組合である全駐労がストライキに入りました。全国の米軍基地で労働者がピケットを張り、激突しながら闘いぬいた。労働者が闘えば、戦争だった止められる! ストライキに入ったことのない労働者がほとんどという中で、ストライキを闘う中で、組合員も増え、団結が強化されているのです。

○北教組がストライキ!
 人事評価制度導入と査定昇級制度に反対して、24年ぶりのストライキ。1万4千人という10割の教育労働者がストライキにたった。知事と道教委は、1万2千人の大量処分を発表したが、ストライキによって処分をおそれない団結をつくり出しています。

○動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)がストライキ

 85年の国鉄分割民営化で2波のストライキを闘い抜き、20年間団結を守りぬいて闘っているJRの労働組合。80年代レーガン、サッチャー、中曽根の新自由主義攻撃と対決して、唯一団結を守り抜いて闘っています。今年の3月も「大幅賃上げ獲得」「業務の外注化絶対阻止」「強制配転者の原職復帰」を掲げて、春闘をストライキで闘いました。

○40秒の「不起立」ストライキ!

 東京都の教育労働者である根津公子さんは、「日の丸・君が代」に対して、不起立で闘っています。都教委は処分をくり返し、「解雇」攻撃をかけていている。根津さんは、都教委の「解雇」恫喝をもはね返し、今年の卒業式では断固「不起立」を闘った。職場の教育労働者の闘いをつくり出し、連日、都庁に抗議行動を起こし闘っています。「不起立」闘争は職場の団結をつくり出す、「40秒のストライキ」!
 学生も今こそストライキで闘おう!

処分粉砕!全学ストライキやろう!

がんじがらめの現実をぶっ飛ばそう!

 だれもが、こんな息苦しい監獄のような大学のあり方はもう我慢ならない、「ふざけんな」と言ってやりたい!と思っています。
 これまでずっと受験競争で互いに競い合わされ、大学に入ったところで、サークル活動に打ち込み、仲間をつくって、自分の本当にやりたいことを探っていこうとすれば、即座に「勝ち組になりたかったら資格を取れ」「SAがあるからサークルには入るな」と言われる現実。そしてそうした大学や社会のあり方に疑問をもち、声を上げようとしたら「学外者と関わるな」「政治セクトだ」と言われる法政大学!
 しかし、その「レール」の先に待っているのは、青年労働者が生きていけない現実です。法大の平均的な卒業生が、卒業しても学生時代のバイトの賃金に満たない就職を強いられ、就職後数年で会社を辞めさせられたり、会社に入って1年未満のうちに病気にさせられたりしています。
 こんな現実に対して、講義などを通して教授たちが提示する「解決策」とは、「低賃金でも会社のために犠牲になれ」「苦しいのは自己責任だ。おまえの能力がないからだ」「使い捨てでも我慢しろ」というのがいっさいです。なぜか? 私たち学生や労働者の立場に立って問題を考えるのでなく、一握りの資本家が労働者を搾取・収奪してボロもうけしていくことをいっさいの前提・基準にしているからです。
 法大当局や資本の支配は分断がすべて。資本が労働者をバラバラにして資本の支配を貫徹するのと同じです。法大のがんじがらめの現実は、私たちを一生奴隷の地位におとしめるためのものなのです。

団結こそが展望だ!

 なぜ法大当局は逮捕や処分を乱発しているのか? なぜ、門前に「入構禁止」の看板をデカデカと掲げているのか? なぜ膨大な金額を費やしてガードマンを雇い、監視カメラをあちこちに設置しているのか? 資本による暴力的な大学支配を貫徹するために、学生の団結を破壊して、分断してバラバラにすることが目的なのです。
 だから、学生が団結して「こんな処分は無効だ!」と宣言してしまったら、分断支配は一瞬にして崩壊するのです。学生や労働者は分断され、バラバラにされているかぎりにおいては「みじめな存在」「力のない存在」にさせられています。けれど、すべての鎖を引きちぎって団結したとたんに、すべてを獲得し、世界を変える存在になるのです。現に、全国で、全世界で、学生や労働者の団結したたたかいがはじまっている。なにより、私たちのこの2年あまりのたたかいが、そうです。

獲得するのは全世界!

 もう我慢する必要なんかない。「ふざけんな!」という意志を示してやろう。分断も競争も拒否して団結を貫くことがストライキだ。法大だけじゃない。全国、世界中の青年労働者が、ストライキぐらいぶちかましてやりたい! と思っている。大学を動かしているのは学生だ!職場を回しているのは労働者だ!世界に向かって宣言しよう!
HOME
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]