忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

b6a0aaaa.jpeg

 法大生のみなさん! これまで逮捕・弾圧と処分を繰り返し、法大を牛耳ってきた増田総長と反動理事会をぶっ飛ばして、キャンパスを学生の手に奪い返す時が来ました。
 この間、決定的な事実が明らかになっています。今年4月に突如キャンパスに登場し、学生に対して殴る蹴る首を絞めるの暴行をほしいままにしてきた、いわゆる「ジャージ軍団」は「ジャパン・プロテクション」という会社の警備員であり、法大当局は文連や全学連の闘いを押さえつけ(ジャージ軍団は文連の会合破壊のために会場に押しかけ、さらには当局主導のサークルサポーター会議の「警護」まで買って出ていた)、学内を暴力支配するためだけに違法を承知でジャージ軍団を使い続けていたのです。

 この大デタラメを絶対に許さない! ジャージへの弾劾に対し、学生センター長の宮崎(法)や市ヶ谷学生センター長の木原(経営)は「ジャージ部隊は法大の事務職員」と居直り、騙し続けてきましたが、これは100%ウソだったのです。
 ふざけるな! 今すぐ全法大生の前で土下座して謝罪しろ! そしてすべての責任者である増田総長よ! このジャージ暴力支配と大ウソが、「大学は自由で何でもできる」(6月23日付朝日新聞)ということの中身なのか!

 謝罪だけでもすまされない。法大当局に「建造物侵入」や「暴行」をデッチ上げられた19人の学生が、今も東京拘置所に閉じ込められています。しかし、デマを重ね違法・無法を繰り返してきたのは、増田、木原、宮崎だ! 19学生の身柄を拘束し続ける理由は何もない。増田は起訴を取り下げろ! 文化連盟提出の「質問状」にただちに回答し、謝罪し、辞任しろ!
 しかし、ジャージ軍団はもうキャンパスにいません。学生の怒りに包囲され、学内シール投票の圧倒的結果に消耗し、やつらは10月冒頭に姿を消しました。学生の力でジャージ軍団を放逐したのです! さらに6月以来、人環学部・倉岡さんと法学部・齋藤君への処分を阻止し続けています。10・17集会は、キャンパス中央封鎖をはね返し、闘いの主導権を文化連盟と法大生の手に取り戻しました。
 学内暴力支配が崩れることに震え上がった法大当局は、必死で多摩・小金井キャンパスから教職員を動員し、オレンジ腕章を巻かせてビラまきを妨害しようとしていますが、これも絶対に学生の力でぶっ飛ばせる! ジャージ追放と処分阻止の地平から、暴力と弾圧と処分のみで維持されてきた学生支配は「終わりの始まり」を迎えています。これが学生の力です、団結の力です。増田・木原・宮崎の責任を徹底的に追及し、ガンガン攻めにいこう!
 そして、法大闘争は11月労働者集会で全世界の労働者と結びつきました! 学生を金儲けのダシにし、トコトン大学の誇りを奪ってきた新自由主義・法政のあり方は、労働者に犠牲を集中して生き延びようとする資本主義の腐った姿そのものであり、労働者と学生の団結で勝利できると高らかに宣言したのです。
 12・4デモで勝とう! 増田と反動理事会を打倒しよう! 獄中の仲間を取り戻そう!

増田・理事会、宮崎・木原学生センター打倒!
獄中19人学生の年内奪還をかちとろう!

12・4第9波法大包囲デモ

12月4日(木)12時40分
法政大キャンパス集合!

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]