忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

被退学処分者・内海です。
 昨日、洞口さん(経済学部2年、社会科学研究会所属)に対して経済学部教授会が「無期停学」処分を下しました。自分の後輩であり、全法大生・全学生の最先頭で闘ってきた洞口さんへの処分を断じて許すことはできない!
 この処分はまさしく300万学生への処分そのものです。
 絶対に撤回させよう!

 処分の不当性は色々ありますが、強調したいのは一点。6月10日の「授業妨害」のでっち上げです。
 6月10日に起こったことは、人環1ーFクラスの授業で洞口さんが「不当処分撤回」を掲げて登場し、それに対してヤクザ部隊数人が洞口さんに暴力的に襲いかかり排除したということです。
 全ては授業開始前のことでした。それを「授業妨害」などと言っている。こんなあからさまなでっち上げが許されていいはずがありません。むしろ「妨害行為」を行ったのはヤクザ部隊ではないか!
 ハッキリしたのは、法大当局は学生同士が議論したりすることをでっち上げ処分を使ってでも阻止しようとしているということです。本当に怒りに絶えません。

 決定的なのは、当該の1ーFクラスから「授業妨害はなかった」「洞口さんへの処分阻止」のクラス決議があがり、教授も「授業妨害はない」と訴えているということです。
 あるいは新入生をはじめ、洞口さんへの処分に対する怒りのメッセージが次々と寄せられているということです。一昨日の全説の場で「処分撤回」のメッセージを書いてくれた学友もいます。洞口さんへの不当処分に対してさらに全学的な怒りを爆発させよう!

 経済学部教授会・理事会はあまりにも破産しています。デタラメ極まるでっち上げ処分で学生の怒りを抑え込む以外にないという所まで追いつめられているということです。闘えば必ず勝てます。
 この処分を逆に梃子にして、全学的な決起をつくり出していきましょう!敵の墓穴に転化してやろう!
 「一人の仲間も見捨てない」文化連盟の旗のもと、不当処分に対して全学生は団結して闘おう!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]