忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 鳩山首相は、23日沖縄に再訪し、「辺野古に基地をつくる」と明言した。工法も、9月に決めると言われているが、「桟橋方式」を断念し、埋め立て方式にすると報道されている。結局、現行案で強行突破しようとしているのだ。4・25県民大会10万人決起、5・16普天間包囲行動で示した沖縄の怒りを二重三重に踏みにじるものだ。鳩山は、朝鮮有事もあおりながら、またしても「抑止力(=侵略戦争のことだ!)」のために基地は必要と言い放った。北朝鮮侵略戦争のために基地は必要だ。だから文句を言うな、ということだ。こんなことが許せるか! 沖縄県庁は、全土から結集した1000人の怒りの人民の「鳩山は帰れ!」「沖縄から出ていけ!」とシュプレヒコールに包囲された。闘いは、これからだ。誰もこんな基地建設など認めていない! 絶対反対の闘いが爆発する! 28日にも、いわゆる「2プラス2」を開き、日米合同で辺野古基地建設の共同声明を発表する。こんなことは許せるか! 怒れるすべての学生は、28日法大デモに集まろう! ※鳩山の発言録
「国内および日米の間で協議を重ねた結果、普天間の飛行場の代替地そのものはやはり沖縄県内に、より具体的に申し上げれば辺野古の付近にお願いせざるを得ないという結論に至ったところでございます。」
「これは昨今の朝鮮半島の情勢からもお分かりだと思いますが、今日の東アジアの安全保障環境にまだ不確実性がかなり残っているという中で、海兵隊を含む在日米軍全体の抑止力を現時点で低下させてはならないということは、一国の首相として、安全保障上の観点から、皆さま方に、低下をさせてはならないと申し上げなければならない」

http://www.youtube.com/watch?v=1gNcFQEq8cs
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]