3・14法大弾圧を許さない法大生の会

法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ

沖縄現地からの報告⑤

今日は風が強く吹き、雲の流れが速い、嵐の訪れを暗示するような天気になりました。
今日は1コマ、2コマと授業前のクラスに入って5・15沖大キャンパス集会を呼びかけました。この間の地平で学生と呼吸しながら、一緒に討論を作っていきました。学費や奨学金、中退率の高さの話には、みんな真剣な顔をして聞き入ります。自分や友人のことが話されている、とひとつひとつ確かめながら真剣なまなざしを向ける学生たち。
「今、この世界を動かしている物事の核心には労働者と学生がいます」「5月15日の集会を、沖大の先輩たちのように声を上げて、こんな大学のあり方を変えていく一歩にしよう」赤嶺くんの訴えが教室に響きわたりました。
休み時間の正門前での展開では、先ほど入ったクラスの学生を中心にあいさつしながら通り過ぎ、僕が演説している最中にも「頑張ってください」と声をかけてくる学生がいました。5月15日の「新歓スポーツ大会」をめぐっても真剣な討論となりました。
キャンパスの雰囲気は作りきりました。明日から2日間の闘いで15日の集会に上り詰めましょう!

最後に、関西の3人の仲間の不当逮捕は絶対に許せません。これは明らかに沖縄闘争つぶしの攻撃です。明日からの闘いでこの弾圧を跳ね返しましょう!

この週末は残念ながら天気は不安定な予報となっていますが、国際通りデモ、県民大会、全国学生集会、そして5・15沖大キャンパス集会を元気に闘いぬきましょう! 沖縄現地でお会いできることを心から楽しみにしています! じゃ!

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

法大闘争とは何か?

ブログ内検索

お知らせ

全学連大会への公安による襲撃動画




『中核』PV



公安警察による
全学連大会襲撃弾劾!
国会賠償請求訴訟
第2回裁判

7月10日(月)15時~
東京地裁429号法廷にて

バーコード

ツイッター

アーカイブ

カウンター