忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

弁護士・鈴木たつお〔2016年参院選東京選挙区予定候補〕さんホームページより転載

IMG_9541[1]

 沖縄・うるま市の女性暴行・殺害事件は嘉手納基地の元米兵によって引き起こされた断じて許すことのできない凶悪事件です。基地の存在こそが一切の原因であり、「全基地撤去!」の怒りが沖縄全島で爆発しています。

 20歳女性の死を悼むとともに、「もう絶対に基地を許さない!」と22日のキャンプ瑞慶覧前ゲート前2000人抗議集会、25日嘉手納基地緊急県民4000人集会をはじめ、連日のように抗議行動が闘われています。沖縄大学学生自治会の仲間も駆けつけてともに闘っています。

 「胸が締め付けられ、涙がこぼれます。このままでは再び事件が発生する日も遠くないだろう」「米軍基地は全面撤去しかない」「声高に『全基地撤去』を明言したい。基地があるゆえの被害はもう限界だ」「北朝鮮や中国の脅威を強調するが、県民が最も脅威とするのは県民の生活圏にある米軍基地だ」(5月24日付琉球新報に紹介された県民の声)
 誰もが悔しさをかみしめながら「もうこれ以上、命を奪われてなるものか!」と不退転の決意で闘いに立ち上がっています。
 日米両政府による「綱紀粛正」「再発防止」では何も変わりませんでした。はっきりさせなければならないのは、米日による朝鮮侵略戦争切迫情勢の中で引き起こされた事件だということです。

 事件が起こった4月28日は米韓合同軍事演習の真っ最中でした。「殺人訓練」が日常化する中で多くの米軍兵士が心身を破壊され、帰還兵の自殺や犯罪が激増しています。朝鮮侵略戦争の切迫はこれに拍車をかけるのは明白です。

 25日夜のオバマ・安倍会談で、オバマは事件について「心からショック」などと述べましたが、謝罪は一言もありませんでした。日米地位協定改定を否定し、「普天間移設を前進させる決意に変わりはない」と辺野古新基地建設も居直りました。
 沖縄の怒りは6・19沖縄10万人集会へと向かっています。1971年全島ゼネスト以来の情勢です。
 今こそ本土と沖縄が一体となり、朝鮮侵略戦争阻止・全基地撤去のゼネストを実現しよう!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]