忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全学連ホームページより転載

6・19に向かって驀進中! 署名は1週間で100を超えました! 集会参加もどんどん決まっています。
昨日(16日)は日本大学工学部(郡山)で宣伝してきました。ビラ入れもして、6・19カラーチラシは1000枚ほど撒けています。また、正門前の署名集めの時には、昔学生運動していたという方と出会って、「若いときは言いたいこと言わなければダメなんだ!」と強く檄をいただきました。
今日は6・19集会の準備。演壇に出す横断幕をつくりました。かなり大きいです。
夕方は福島大学キャンパスへ。この日もビラをたくさん撒けて、150枚のビラを手渡せました。先日署名してくれた学生と再び会って討論に。原発の問題をテーマにした企画や授業に参加しているそうで、真剣に考えていることが見て取れます。
彼が強く言うのは、「原発の問題は経済優先の社会が生み出したもの。社会を変えなければいけない」「みんな考えている。それを行動に移さなければ」「デモに参加するなど個人の活動も大事だけど、1回だけの行動だとか個人では社会は変えられない。組織がないといけない」。
そうです! 労働組合と労働組合のネットワークのでかい意義についてがっちり一致しました。6・19に集まった学生らが組織をつくって福島大学から声をあげていければいい、ということも。その人は6・19集会で発言できそうです!
福島大学では、学長のキャンパス開講強行、説明不足への批判もあいまって、「学生が何かやらなければ」という思いが多くあります。だけど、「原発に反対したいけどエネルギー問題などあるから反対できない」という声もよく聞きます。もどかしい!
だからこそ、全国学生は福島現地に来てほしい。行動していいんだ、怒りを出していいんだ、という檄を行動によって発してほしい。
ドイツ、イタリアでは青年・労働者が立ち上がって政府に原発廃止を強制しています。私たちの行動で原発はなくせる!
「フクシマ」の名が、世界のブルジョアジーが「安全な原発」を売り込むための文句とされています。ふざけるな! 福島第一原発事故への回答は「安全な原発なんてない」「原発廃止!」です。フクシマから世界の原発をなくす、その「世界のフクシマ」「闘うフクシマ」「怒れるフクシマ」にしようではありませんか! それが6・19です。
福島大生も全国学生も、仲間を誘ってデモに来てほしい!!

いよいよ明日です!!
フクシマ現地闘争を大爆発させ、全原発の廃止へ向かって突き進もう!!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]