忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 みなさん!
 いよいよ倉岡さんへの処分攻防もクライマックスになって参りました!

 人間環境学部は1月の教授会でも処分の議題を出すことができず、この2~3月の教授会でも処分議題を出すことが出来なければ本当に倉岡さんがキャンパスに戻れるという情勢です。

 倉岡さんがキャンパスに戻ってくるということ。
 それは法大当局への致命的なまでの大打撃であると共に、法大生にとっての勝利の展望そのものです。

 「お願い」ではなく反乱を!
 倉岡さんへの不当処分を阻止し、文化連盟のもとに全学生は団結し、全面飲酒をぶっ飛ばし学生が権力をとっていく2011年法大決戦の大爆発を勝ち取ろう!

 全てはこの1~3月の闘いにかかっています。
 今こそ「不当処分阻止!」の署名をガンガンに集めよう!!
 教授会へ「倉岡さんを処分するな!」という声をガンガンにあげよう!!


 さてみなさん。
 先日、飯田橋駅をたまたま長峰が通りがかりました。


↑人間環境学部 学部長 長峰登記夫
法大卒
担当科目は労働環境論
法政大学教職員組合「全法政」の元委員長
常務理事の浜村彰と共に学生時代は学生自治の牙城、学生会館にたむろし労働法研究会を主宰

 洞口さんら文化連盟の学生は長峰をその場で「倉岡さんを処分するな!」と徹底追及。
 長峰は「そんな議題は出ていない」「自分も教授会も処分するつもりはない」と逃げの一辺倒でしたが、しかしそこは悪名高きタヌキ教授の名を欲しいままにする長峰。今までその言葉に何度騙されてきたことか。

 2008年秋、長峰は「倉岡さんは処分しない」などとのたまってたにもかかわらず、舌の根も乾かぬ2009年1月に3ヶ月の不当な停学処分。
 さらに処分があける4月にも再び6ヶ月の追加停学処分。
 そして8ヶ月も獄中に囚われていた倉岡さんに、出てきてすぐの2010年3月にも停学一年。
 ウソとペテンにまみれた恥多き法大教授の中でもコイツほど「タヌキ」という言葉が見合う奴もいないであろう。
 
 この日も「学部長には処分をどうこうする権限などない」などと言い放ちました。何という無責任!!
 2009年の不当処分の時も「上(理事会)に言われたから仕方がない」などと言って結局は処分を追認し、そうしたポーズをとりつつむしろ積極的に推進している人物こそ長峰です。
 このタヌキ教授・長峰を我々は絶対に許さない!
 理事会同様、地獄の底に落とす決意である。
 

 人間環境学部教授会執行部にはこの長峰のほかに主任の弾圧教授・梶裕史と副主任のエスター・ストックウェルがいます。


↑梶

↑エスター

 学生を弾圧し倉岡さんへの処分を策動する人間環境学部教授会執行部へ怒りの声を集中しよう!!
 人間環境学部へ徹底抗議の声を!!

抗議先↓
人間環境学部
電話  03-3264-9372
メール jkankyo@hosei.ac.jp


 そしてなにより重要なのは、法大生が直接行動に立ち上がることです。
 09年にも倉岡さんへの処分を阻止する為にサークル員が集まって抗議の声を上げるという事態が起こっています↓


 全面禁酒への怒りと一体で、全サークル員・全法大生は倉岡処分に対する怒りの声行動に立とう!!
 3月20日、渋谷で共に大デモをやろう!!

沖縄・辺野古への新基地建設阻止!
朝鮮侵略戦争反対!菅政権打倒!

イラク反戦8周年
3・20集会・渋谷デモ
とき:3月20日(日)13時
ところ:代々木公園B地区 
(JR渋谷・原宿駅より徒歩5分)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]