忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 5月1日、アメリカの仲間が港湾封鎖の大ストを貫徹した。今、世界中で労働
者、学生がスト、デモ、暴動に立ち上がっている。俺たちの「授業は支配、デモ
は解放」の闘いはこれと一体だ。5・15沖縄闘争で革命に向けた団結をさらに
強化しよう!

ILWUストはアメリカ革命の号砲だ!




 メーデーで、ILWU(国際港湾倉庫労働組合)の仲間が、アメリカ西海岸の
すべての港湾を封鎖するストを打ち抜いた。アメリカで革命の火柱が上がった!
 西海岸一帯が労働者によって占拠された!
 動労千葉のように闘おうと、昨年11月日本での労働者集会をともに闘った仲
間たちが、港を止め、街を止め、戦争を止めた。資本と折り合いつけようとする
組合本部を突き上げ、処分や恫喝ぶっ飛ばし、26,000人の現場組合員が団
結して8時間のストを実現した!
 さらに、イラクの港湾労働者が連帯ストに起ち上がった。戦争という血の分断
をぶち破る、労働者の国境を越えた団結が生み出された!
 ILWUストは白人、黒人、ラティーノ、そして正規、非正規といった分断を
ぶち破り、団結の力を示した。社会の破壊の限りを尽くして没落する資本主義に
対し、ただ一点、団結を武器に立ち上がった。ここに革命の展望がある。こうい
う団結をつくろう!

団結こそが生きる道だ



 戦争か革命か。競争・分断か団結か。時代の分水嶺だ。君の決断と行動、そし
て君と俺との団結が革命をたぐり寄せる時代だ。最高にたのしい時代じゃないか
! 俺たち一人ひとりが、革命をやれる決定的存在なんだ。
 沖縄では革命にむかう闘いが始まっている。昨年9・29の沖縄12万人集会
、年末の基地労働者のストライキは、資本主義と非和解の闘いだ。
 そもそも沖縄の現実はなんだ! まともな仕事が奪われ、青年は低賃金と非正
規の不安定雇用に圧倒的に落とし込められている。さらに「基地振興策」のもと
で建設関係に就職しても物言えぬ無権利状態。名護・辺野古では「基地建設反対
」と言えば即解雇。ふざけんじゃねぇ! 死すべきは基地であり、労働者は生き
るんだ。沖縄労働者の痛みは俺たちの痛みであり、彼らの怒りは俺たちの怒りと
一体だ。敵は資本家、労働者は一つ。団結すれば勝てる。

法大の闘いを沖縄へ!



 4月25日の集会&デモで革命を始めた法大の闘いが、沖縄の労働者とつながることに、資本家どもは一番恐怖している。
 法大当局は学生の団結を恐れている。どんな弾圧も、暴力も、ジャージ軍団も、団結の糧にしてきたからだ。「一生を棒に振る」とのたまう佐藤総務部次長よ
! 学生をなめるんじゃねぇ! 資本家どもにこびへつらって、土下座して、しかも殺されていく人生なんてこちらからお断りだ。非和解だとはっきりするだけ団結は強まり、広がるのだ。
 もはや資本主義の振りまく幻想に学生は騙されない。資本主義自体終わらせてやろうじゃないか。そして労働者と学生の団結で新たな社会をつくるんだ。仲間と団結して、資本家どもに奪われたすべてを、奪い返すんだ。この闘いを沖縄へ!

サミット粉砕ストへ団結固めよう



 サブプライムローンの崩壊、株価下落、原油高、そしてドル崩壊と資本家どもは自分たちが生み出した危機で追いつめられている。そして、住宅よこせ、食糧よこせ、生きるんだ! の闘いが爆発している。時代の基調は革命だ。団結に生きよう。
 富山大ではサミット粉砕呼びかけて仲間が逮捕・起訴だ。洞爺湖サミット粉砕が革命への決定的闘いだ。全世界の労働者が団結する絶好のチャンスだ。ブルジョアの頭目どもが話し合って解決されることなんて一つもない。社会の主人公は労働者と学生だ。歴史を動かすのは団結した闘いだ。ILWUとつながり、沖縄労働者とつながれば革命だ。俺たちが沖縄へ行かない手はない! サミット粉砕ストライキへの団結固めに沖縄へ行こう!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]