忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳩山がついに「5月末決着」を断念 

「5月末(決着)の期限は私が作ったから、国民との約束の中でできる限りのことはする。6月以降も詰める必用があれば、当然は努力する」(13日午前)
「5月末決着は断念していないが、すべて5月にできあがるのは難しいかもしれない」(13日夜)


 これまで、普天間移設の「5月末決着」を自ら「職を賭してやる」と明言してきた鳩山。関係閣僚が「5月末決着」断念を示唆する中で、唯一「5月末決着」を言ってきた鳩山だが、5・15闘争を前に、断念を表明。鳩山は、沖縄の怒りを前に、ついに白旗をあげた。鳩山打倒は時間の問題だ!

 しかし、鳩山は、アメリカ政府との合意を取り付け、何とか基地を沖縄・辺野古に押しつけようとしている。「首相周辺からは「工法なんてなんだっていい。米国がのめばいんだから」という声すらあがる。(5月14日『朝日新聞』)平野官房長官は、必死で徳之島に移転し、何とかは「県外」のポーズをとろうとあがきにあがいている。賛成派の町議と面会、15日には賛成派住民と意見交換をしようとしている。しかし、頼みのアメリカ政府は、12日の日米実務者協議で、「くい打ち桟橋方式」もテロの危険がある、と「NO」を示した。徳之島の訓練移転も、徳之島空港の幅や強度が不十分と難色。完全に「デッドロック」にぶち当たっている。
 「五月末決着断念」で、鳩山の支持率は、ついに19%へ!(『時事通信』5月14日)鳩山の支持率は、2割をきった! 沖縄の闘いが、時の政権を打倒し、完全に日米を揺るがす闘いになっている。問われているのは、「沖縄-本土を貫く労働者・学生が権力をとろう」という勢力の登場だ。その最先頭に、法大闘争がある。いざ、5・15沖縄現地へ!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]