忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2月3日、倉岡さんへの「停学3カ月」処分に対して、以下の文面の再審査請求を提出しました。

 停学3カ月の懲戒処分を撤回するよう求める。

ⅰ)処分に手を染めた人間環境学部教授会
 人間環境学部はついに停学3カ月という処分を下した。ビラをまき、集会・デモに参加した学生に処分を下した。処分を下した人環教授会、とりわけ理事会の先兵と化して処分を決定した教授はこの処分を撤回しない限り、あらゆる場面に引きずり出されるであろう。 
 私を含む文化連盟4人の被処分者は、処分撤回まで闘い続けることを宣言する。

ⅱ)見せしめのための処分
 1月29日付け法政大学署名で「文化連盟を名乗る学生グループの行動と大学の対応について」なる文書で4人の処分理由が各学部掲示板に掲示してある。そこには「懲戒処分を受けた4名はいずれも文化連盟の構成員であることを自称して」と被処分者4名は文化連盟の構成員であることをわざわざ文書にして貼り出している。また、同文書で文化連盟は大学が関知する団体ではないと明記している一方で、処分を受けた法学部の斎藤君と文学部の恩田君は文化連盟の委員長・副委員長ということで処分を受けている。これは、文化連盟に加盟すれば、処分されるという全学生に向けた見せしめ以外の何ものでもない。
「見せしめとして行われた処分。このようなものに屈するわけにはいかない。この処分に対して強く抗議すると共に、法政大学に対する更なる抵抗運動で返答したいと考えます。」という斎藤委員長の抗議声明通り、処分撤回の日まで文化連盟4人は闘い続ける。

ⅲ)処分の理由を明らかにせよ
 処分理由となっている以下3点の回答を求める。
①2008年5月20日、学生センターに押し入り、同センターの円滑な仕事の遂行を妨げたとあるが、業務を妨害されたとする職員の氏名を明らかにするとともに何の業務を妨害したのか明らかにせよ。

②2008年10月17日、外堀校舎の自動ドア入り口付近において外側からドアを強い力で圧し、ドアをこじ開けようとするなどして、一時的にドアの破損やそれによる負傷も想定される危険な事態を生じさせたとあるが、これは誰の証言で何に基づいたものなのか明かにせよ。
③2008年12月4日、12月12日等においても学内諸規定に違反する行動に参加したとあるが、違反する行動とは何をさしているのか。また12日等の「等」とは何をさしているのか明かにせよ。

ⅳ)すべての人間環境学部教授が問われている
 今回、私は「学生の本分に悖る」行為に該当するとして処分が下されている。逆に問いたい。教授の本分は何なのかと。キャンパスを徘徊するジャージ部隊を直接、弾劾した教授がいただろうか?四六時中、ビラをまく学生をつけ回すガードマンを弾劾した教授がいただろうか?「研究」の手をとめて、動員させられる当番体制に正義性はあったのだろうか?「大学教授」と呼ばれる人が「しょうがない」「ルールだから」「決まったことだから」このフレーズ以外に何かを語ったことがあっただろうか?
 すべての人間環境学部教授が問われている。88人の逮捕、66個以上の監視カメラ、有刺鉄線、暴力職員。今の法政に「民主的」なものなど存在しない。中間のあり方などもない。処分に反対するのか、賛成するのか、当番体制に応じるのか、拒否するのかすべての教職員が問われている。仕方なく応じている当番体制も、見ているだけの当番体制も積極的に参加している当番体制もすべて同じである。応じた時点で学生弾圧に加担しているのだ。
 ビラを受け取っただけでビデオ撮影された学生の悔しさがわかるか?職員か教授かもわからない見ず知らずの人物に「あいつとはつきあうな」と言われた学生の怒りや恐怖がわかるか?
 「しょうがない」「ルールだから」「決まったことだから」に屈服している教授に「学生の本分に悖る」なる処分を下す資格はない。直ちに処分を撤回せよ。



 ⅲ)の回答を2月19日までに文書で回答し郵送することを求める。
 人環教授会は公開質問書に1度も回答したことはない。こちらが窓口に要求しなければ「回答しない」という回答さえも聞くことはできなかった。
 処分を下している今回は、「回答しない」ということは決して許されない。処分に正当性があるならば、ⅲ)すべてに回答せよ。回答する責務がある。
 必ず回答することを強く求める。


PR
21日の動画です


携帯からはこちら↓
倉岡停学処分弾劾! 1・24集会へ!
倉岡停学処分弾劾! 1・24集会へ!

--------------------------

不当処分撤回! 獄中20学生全員奪還!法大弾圧ぶっとばせ!
1・24集会
1月24日(土)18時会場、18時半開会
新宿文化センター・小ホール(3階)にて



 今日昼休みは倉岡処分阻止の総長室デモです。集まろう!

(写真はきのう、キャンパスで処分粉砕を訴える倉岡さん)

 「13日法学部の教授会では斉藤君の処分攻撃を阻止したぞ!」仲間たちは雨天の中を突く勢いでキャンパス集会を貫徹!
 いつもいるはずの「ジャージ部隊」は姿を見せない。解雇か?逃げ出したのか?ともかく完全にジャージをぶっ飛ばして、キャンパスは解放されている! シール投票では圧倒的に、「ジャージ追放」にシールが貼られている。シール投票の結果に示されているように、ジャージ部隊は学生支配の破綻点になっている。集会の最後は、職員がジャージを着て、あらわれ、コソコソとビデオをまわす始末。学生が勝っているぞ!

 13ffa0bf.jpeg
雨のためサウンドシステムも傘をさしております。

ea3e8c88.jpeg

a014def8.jpeg

「不当逮捕許さない!」「増田総長は出てこい!」市ヶ谷をデモ!

d1e93946.jpeg

最後に増井君のアピール!

 増井君は、文学部哲学科に在籍していたが、前期に学費が払えなくなり「除籍」になった学生です。増井君は、通信教育学部の後期入学に願書を提出して受験したが、「不合格」に。年間120万の学費が支払えない学生のための通信教育学部。誰でも入れるはずの通信教育学部。しかし、「不合格」の紙切れ一枚で門戸を閉ざす法政大学。この「不合格」は、増井君への差別的な処分、事実上の退学処分だ。そもそも、年収200万以下の人口が、1000万人を越えた格差社会、大失業時代の現在、年間120万ちかい学費を払え、そうでないと大学で勉強ができないということそのものが間違っているのだ! 120万の学費を払えず大学に来れない学生が何万人いることか!増井君への「退学処分」は300万学生の問題だ。
 10・17の増田総長への公開質問状では、「増井君の不合格の理由を開示せよ!」と盛り込んでいる。
http://08bunren.blog25.fc2.com/blog-entry-209.html

 増井君とともに、10・17増田総長団交を闘おう!
 明日15日は、人間環境学部の教授会だ!倉岡さんの処分が決定されようとしている。明日もキャンパス集会をやるぞ!

 10・17まで、あと3日! 

 

 10・1第5波法大包囲デモはあらゆる意味で凄かった! とりあえず一報です!
bffb02c0.jpeg



b3ab25c6.jpeg

68a7d892.jpeg
26e49ea0.jpeg

6da2e8fe.jpeg

カオスなサウンドが市ヶ谷を席巻! 注目度は抜群! とても新しい試みでした! 10・17に向けて盛り上げていこう!! (画面上でお伝えできないのが残念!)

d0cc806d.jpeg
 26日金曜日より、「処分されるのはどっちだ?!」シール投票が開始されました。06年にも「シール投票」をやりました。その時は、久木野・友部vs平林総長でしたね。今回の敵は、あの「ジャージ軍団」! 強面を並べた写真の看板には迫力がありますね。
 立て看板を立て、休み時間にシール投票を訴えた。すると…

4be993e3.jpeg
dfb521db.jpeg
 出た、学生センター木原、その手下近藤! 何かといちゃもんをつけるコイツら! 法政大は、今度は選挙権も奪うのか?!

 シール投票の開始早々、ジャージに処分のシールが貼られております。みなさん、シールをバシバシ貼っていきましょう!みなさんもキャンパスに来てシールを貼ってって下さい!

ad106c3c.jpeg
 後期になってもジャージ軍団は、法政に居座っています。今日は、路上にも出てきて、ビラ撒きを妨害するジャージ!
 写真(上)の後、いきなり学生の首を絞めてくるジャージ軍団の伊藤(写真・中央)

b2e62bdb.jpeg

 ガンガン抗議するとあのジャージ軍団のトップ佐藤友彦総務部次長が。言葉に窮した佐藤は、

 「ここは天下の公道だ!」

 と居直っていました。「公道なら何をやってもいいのか?!」と。お前は何者だ?佐藤!
 「俺には応援団がついているんだ」「この無職!」と珍妙な言辞を吐きまくる佐藤。今度は何を言うのか?




7dc24296.jpeg
休み期間中は全開だった正門が突如封鎖!

279bdf87.jpeg
教授会に対し「処分阻止!」の演説を開始!

2384bb53.jpeg
不当処分への怒り!人環教授に対し抗議! 熱くアジる倉岡さん


c5016216.jpeg
妨害に来た学生部・近藤、浅見。休み期間だからか迫力は全くない!

飯田橋西口にも登場!

0c897e33.jpeg
2137bf6d.jpeg
d5069f30.jpeg









法大生の訴えに圧倒的注目。ビラはけもよかったです!

★教授会の結果

 倉岡さんの処分問題については、話し合われたが結局、結論は出ず。次回に持ち越しになりました。9月の処分は、一旦阻止しました。まだまだ処分攻防は続きます。キャンパスでの処分粉砕闘争の爆発で、処分を完全に阻止しよう!


今朝から「ジャージ部隊」に新顔が登場しました(右端の男)。逮捕術などもわきまえているようで、他の2人と同様にどこかの警備会社からきて「職員」と名乗っているのでしょう。

ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]