忍者ブログ
法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新井君への「保釈取消請求」について、地裁は「却下する」との地裁の決定を出しました。大勝利!

2008年も団結深めて全力でたたかおう!
PR
今日の第9回公判の焦点は、第一に安東を徹底的に追及すること、第二に保釈取り消し策動をうちやぶること、そして第三に検察と癒着する地裁を弾劾することです。

午前9時過ぎ。傍聴券配布所には今日もあやしげなバイトが大勢。

抽選は27席に46名。

根性見せて教職員が並ぶかと思いきや、当局はあくまで金にものを言わせて傍聴席を買い占めるつもりです。

バイト君たちは、抽選後二手に別れて移動。


(写真の3人がそうです)

ここならば安全と思ったのか、なんと警視庁前で、待っていた当局に受け渡し。その後組をつくってタクシーで移動。こういうことも警視庁公安部が手引きしてるんですかね。

当局は4人。経営学部長の福多と職員ら。券が余ったのか、バイトの元締めらしき初老の男らも入る。持っているバッグがなんともいえない雰囲気を放ってます。


10時からの公判では冒頭30分ほど、事務官問題で追及。裁判長が「ご覧の通り事務官は裁判体からはずしました」と表明。その上で、「執務外のプライベートな行動だからここでは扱わない」と居直り。しかしそんな理屈が通るのなら、業者とゴルフに行くのもぜんぶ「プライベート」で済んでしまう。弁護人先頭に追及して、「今後このようなことのないようにする」と表明させたとのこと。

安東証人への反対尋問は、06年3・14の途中まで話が進みました。「学外団体の定義は?」と問われて「学外団体です」と答えるような調子。尋問は次回以降も続きます。

最後に、新井君が「保釈取消請求」弾劾の意見陳述。

次回公判は1月11日(金)。9時傍聴券配布、9時20分抽選の10時開廷です。

今日は監置になった人はいませんからね。念のため。

追加。弁護士会館の中にまで図々しく入ってきた公安です。
12/26安東反対尋問に総決起しよう!

法大当局による傍聴妨害粉砕しよう!

12月26日(水)、4・27法大弾圧裁判の第9回公判が行われる。今回は、学生部長・安東に対する反対尋問だ。
 昨年3・14法大弾圧以来、独裁者=平林総長の手先となって、闘う学生を直接弾圧してきた悪の権化に対して、法廷で怒りの断罪を行おう!
 法大当局は、バイトを30人も雇って、裁判の傍聴券の抽選をやらせている。第8回公判では、法大の職員を弁護士会館に待機させて、そこに抽選したバイトを集めて、「当たり券」を当局職員に渡していた。余った「当たり券」は、捨てられている。その結果、傍聴したくて来ている私たちの仲間が傍聴出来ない事になっている。
 法大当局は、裁判までも金の力で買っているのだ。
 絶対に許せない! 当局の傍聴妨害をうち破って、大結集しよう!

安東こそ、法大から出ていけ!

 12月19日、検察官が新井君の保釈取り消し請求を行った。絶対に許せない! 粉砕あるのみだ!
 検察官は、新井君が12・14第10波法大包囲デモに立ち上がったことや、暴力的に学生部長・安東などに叩き出されたことをさして「被害者と直接接触した」などと言い、「保釈条件違反」などと言っている。ふざけるな!
 そもそも、4・27法大弾圧における、新井君による「暴行」なるものは、デッチ上げであったことが法廷の場で明らかとなっている。職員・佐藤に対する「暴行」は、実は、佐藤を後ろから学生部事務部長の浅見が突き飛ばしていたことが明らかとなっているではないか。
 新井君は、友部君と共にデッチ上げ逮捕され、207日間も不当に勾留されてきた。これ自体が違法であり、許し難いものだ。保釈は遅すぎたのであり、安東などと接触してはいけないという保釈条件がおかしいのだ。
 新井君は、自由に法大キャンパスを出入りする権利がある。新井君を暴力的に排除した学生部長・安東の方が間違っているのだ。安東こそ、全法大生の敵であり、法大キャンパスから出ていけ!
 しかも、東京地裁刑事18部の事務官が、インターネットで、法大裁判を暴露していたこと、日常的に裁判所と検察官が「飲み食いしていたこと」を暴露した。
 検察官や裁判所には、人を裁く資格はない!
 新井君に対する保釈取り消し請求を粉砕しよう!
 12・26安東反対尋問に総決起しよう!

昨日、学生無視のアリバイ説明会

 昨日、新たな補助金制度の説明会が行われた。説明会は、学生部長の安東が一時間にわたって補助金制度の説明を行い、15分間ほど当局に屈服した学生団体執行部のアリバイ的な質問が行われた。
 そして、サークルからの質疑応答だ。サークルからは、「ヒアリングの結果が反映されていない」などの意見があがった。だが、学生部長・安東は、20時になるやいなや、まだ数多くのサークルが発言を求めて手を挙げているにもかかわらず、終了を宣言して退席。学生が詰め寄って、意見を言うが全く無視。「ここで話せばいいじゃないか!」と会場から意見が飛ぶが、安東は無視。
 まさに、補助金制度を強行するためのアリバイにもならない説明会であった。

闘わず屈服する執行部を打倒しよう!

 学友会廃止=補助金制度の強行を許している一切の責任は、学生団体執行部にある。彼らは、当局=学生部の手先になって学友会廃止=補助金制度を学生に押しつけ、学生の団結を破壊しようとしてきた。
 学生部と学生団体執行部の会議では、学生部長・安東が公然と、学生団体の解散を突きつけているにも関わらず、これに一切反対せず、屈服しているのだ。
 学生部長・安東が言っていることは何か。安東は「来年一文連、二文連、学団連を大学の公認として認めたり、折衝権や交渉権をもたせる気はない」「各団体の学友会費の残りは大学が回収する」「今の本部機能を継承した、新しい学生団体の設立を認める」「本部がもっているリソは回収」などと言っているのだ。ふざけるにもほどがある!
 学友会費やリソは学生のものであって、大学当局のものではない! 折衝権や交渉権は、闘ってかちとるものだ!
 法大当局の学友会廃止の狙いこそ、一文連・二文連・学団連をつぶして、学生の団結を破壊することにあることは120%明らかではないか。当局に認められたサークルだけの新団体を結成させ、当局がサークル活動を全面的に管理・統制するということではないか。絶対に許せない!
 屈服している学生団体執行部は犯罪的だ。学生団体執行部は、「奴隷の道」に突き進んでいる。
 こんな腐りきった学生団体執行部を学生の怒りで打倒して、学生の闘う団結をつくりだそう!

最後に笑うものこそもっとも良く笑う!

 法大当局には、余裕はない。当局は学生の怒りが爆発することを心底恐れている。昨日の説明会で、サークルからの意見をまともに聞こうとしない姿勢に明らかだ。当局は、私たち被処分者を暴力的に排除し、説明会の会場に入ることを全力で阻止してきた。私たちの訴えが学生を獲得することに恐怖しているのだ。
 学生が団結して闘えば、絶対に勝てるのだ。
 世界中で、労働者や学生が闘いに立ち上がっている。沖縄でも、12万人県民大会が爆発した。11・4全国労働者総決起集会では、5700人の結集で世界革命に向けた団結を形成し、銀座の街を解放するデモを闘いとった。
 法大では、新井君・友部君を奪還し、二人に続いて闘う学生を生み出している。闘う法大生が存在する限り、法大闘争はますます爆発していくのだ。
 もはや、サークルを維持するかどうかという次元を越えて、法大キャンパスはもとより全世界を獲得する闘いに突入しよう! 学生は、労働者階級とともに革命にたちあがり、すべてを獲得しよう!
 最後に笑うものこそ、もっとも良く笑うのである。
 07年の大勝利を12・26安東反対尋問で確定させ、08年の大勝利に向かって突き進もう!
ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]