法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ


2017年全学連大会を8/30-8/31にかけて行います。

以下招請状


 全学連大会への参加を呼びかけます

 2017年7月20日 全学連中央執行委員会(委員長・斎藤郁真)

 いま大学はますます「就職予備校」「人材工場」への道を進み、学問の本義を省みず、多くの学生から未来 を奪う場となっています。「森友・加計学園問題」は、このような教育政策が生み出した腐敗の象徴です。こ の現実に立ち向かうために、学生は団結した組織的力を持とう。


 学生が団結できない状況下で、大学が抱える多くの問題は深刻さを増しています。たとえば奨学金と学 費高騰。労働条件悪化で貧困が拡大する中、学生の貧困も拡大しています。学費はこの40年ほどで私立で 3倍、国立で30倍近くにはね上がり、多くの学生が奨学金に頼らざるをえません。無利子奨学金のほとん どの条件は「成績優秀であること」。貧困な学生ほどバイトに励み、様々な節約に時間を割き、「成績優秀」 の条件は高い壁です。奨学金制度すら教育機会に格差をつくっています。学生が団結しなければ、奨学金 をめぐる不毛な競争や、そもそも学費が高騰していく流れに抵抗することは困難です。 たとえば就活とスキル競争。学生は資格学校や単位、GPAに時間・余裕を奪われる。「100人に1人の資 格」は市場価値が高く、誰もが持っている資格の市場価値は低いので、すべての学生が「スキル」を求めた結 果、すべての学生が自分を安売りすることになる。賞賛されるべき努力が自分と仲間の価値を低め、安売 りされた労働力を使いつぶすブラック企業を生み、誰も幸せにならない。学生を団結できなくすることで、 この不毛なサイクルは強化されます。 これで「未来に希望を持て」というのはムチャです。闘うためには団結が必要です。


 1980年代から始まり、2000年以降本格化した「大学改革」の実態は、「大学の企業化(私物化)」でした。そ れは大学の現場で、学生・教職員から団結するための権利と機会を奪いました。教育が企業のようにカネ・ コネで動かされる中、戦後初めて大学で軍事研究が公然と始まりました。 全学連はこの流れに抗し、全国大学で闘ってきました。2006年以降、法政大学によって100人をこえる逮 捕者、13人もの停学・退学処分者を出されながらも闘いを続けています。京都大学の仲間たちは2015年10月、 「戦争反対・軍事研究協力拒否」を訴えて大学ストライキを敢行。京大はストを主催した4学生に「無期停学」 処分を下しましたが、新たな世代が自治会執行部に選出されています。沖縄大学では日本最悪の貧困と「基 地・戦争の島」という現実に立ち向かって学生自治会が奮闘しています。広島大学や東北大学、富山大学で も挑戦を続けています。 現場から私たちを取り巻く常識を変える--この運動をもっと強く広くしていきたい。そのために全国 から学生が集まって討論・交流する場が全学連大会です。


 状況は変わりつつあります。さる東京都議選では、カネまみれの腐敗と強権政治への怒りが爆発し、自 民党は惨敗しました。安倍政権は焦り、スケジュールを早めて2018年中の改憲を狙っています。政治を奪 われた大学と対決し、キャンパスから行動を始めよう。古くて新しい「団結」という常識を、大会の場から つくり出そう。ともに闘い、社会を変え、ともに生きよう!



7月30日(日)午後1時半~
太田区民センター・音楽ホールにて
7月10日、東京地裁(民事第31部 小野寺真也裁判長)において昨年9月の全学連大会への公安警察襲撃に対する国家賠償請求訴訟・第2回口頭弁論が15時から行われました。大坂正明さんに対する「殺人罪」デッチ上げ起訴、また共謀罪の強行採決以後はじめての国賠裁判であり、決定的な訴訟になりました。しかも、本裁判は、第2回目にもかかわらず、裁判長が交替するという異例の展開の中で行われました。

 冒頭は、原告である東北大学の安澤和芳君が意見陳述に立ちました。安澤君は、被告である東京都、警視庁公安一課が裁判直前に地裁に提出した『準備書面(1)』を徹底的に批判。公安警察が全学連に行った暴行を100%開き直り、逆に“むしろ「公務執行妨害」罪を起こした原告の方が悪い”と恥知らずに主張していることを徹底的に弾劾しました。この事実を知った傍聴席からも激しい怒りが叩きつけられました。そして、安澤君は、「司法権力は、99%が人間らしく生きるために闘う労働者民衆の立場に立たなければ、打倒される以外にない」と語り、本裁判を学生運動、労働運動を発展させるために闘うと決意を語りました。傍聴席からも拍手があり、相手側の弁護士も終始圧倒されています。

 また、国賠訴訟の審議進行に関する論議でも、東京都、公安警察は、「現場を撮影した画像、映像データを持っている」と明言しながらも「データ提出をする予定はない」とうそぶく本当に許しがたい態度に出てきました。原告、傍聴席からも激しい怒り、弁護士の追求に対しても、「答えない」の一点張りです。しかし、暴行を開き直りながらも相手側の弁護士は、まったく気迫もありません。

 国賠訴訟終了後の総括集会では、森川文人主任弁護士は、「実力で証拠データと公安警察を引きずり出してやろう」と発言し、安澤くんは「勝てる裁判だし、やるからには絶対勝ちたい」と改めて決意を語りました。斎藤委員長もまとめの発言で、「三権分立なんかウソ、この裁判を見ればわかる」「国家権力の本質を鮮明にさせる裁判を通して多くの学生、労働者を結集させ、獲得しよう」と発言し、8・6ヒロシマ大行動、全学連大会への結集を提起した。次回の国賠訴訟は10月2日(月)15時からです。傍聴席を埋め尽くす結集で国賠訴訟を闘おう!国賠の前進は星野さん、大坂さんを取り戻す最大の闘いでもあります。全学連は安倍政権打倒へ!国家権力の暴力・弾圧打ち破る学生運動を作り上げます。

(全学連・N)




動労千葉・田中委員長アピール





斎藤いくま全学連委員長アピール



ブログ内検索
法大闘争とは何か?
バーコード
アーカイブ
カウンター
アーカイブ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター

Copyright © [ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :