3・14法大弾圧を許さない法大生の会

法政大学/学生運動/斎藤いくま公式ブログ

9・16法大デモ報告

全国の仲間のみなさん!法政大学文化連盟と全学連は法政大学の後期開講日に合わせて、「京大4学生への処分撤回!改憲・戦争阻止!」を掲げて法大デモを元気にうちぬきました!今秋決戦の火ぶたが切って落とされました!
 新校舎の「富士見ゲート棟」が完成し、しばらくぶりに正門前が開放され、法大生の圧倒的注目の中、デモ出発前のアピールを行いました。

 法政大学文化連盟委員長・武田雄飛丸君は、「本日のデモは、大学から政治を取り戻すためのデモです。京大反戦バリケードストライキを闘った京大4学生にかけられた無期停学処分を撤回させよう!韓国やフランスなど、全世界で学生・労働者がストライキやゼネストに立ち上がっています。『大学では闘わない』シールズ運動を乗り越えて、今こそキャンパスからストライキに立ち上がろう!」と訴えました。
 さらに、斎藤郁真全学連委員長から「学生や教職員のみなさん!軍事研究や経済的徴兵制など、今まさに私たちの『日常』が戦争の道具になろうとしています。本日のデモを出発点に、ともに大学から戦争を止めるために立ち上がろう!10月3日の京大集会に結集しよう!」とアピールが発せられました。

 キャンパスのいたるところで法大生が立ち止まって聞き入り、留学生や女子学生が次々と京大4学生の処分撤回署名に応じてくれました。ある法大生が「お疲れ様です!」と声をかけ笑顔でガッツポーズをする場面もありました!弾圧職員と警視庁公安部は意気消沈です。
 10・3京大集会と11月国際共同行動に向かって進撃します!

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索

前進チャンネル



amazon

【新書版】『中核』~ロシア革命100年~ (マルクス主義学生同盟・中核派 機関誌)
マルクス主義学生同盟・中核派
前進社 (2017-04-20)
売り上げランキング: 59,816

PV第一弾

PV第二弾

PV第三弾

法大闘争とは何か?

お知らせ

全学連大会への公安による襲撃動画




公安警察による
全学連大会襲撃弾劾!
国会賠償請求訴訟
第2回裁判

7月10日(月)15時~
東京地裁429号法廷にて

バーコード

ツイッター

アーカイブ

カウンター